EPISODE-あらすじ-

第8話『機械仕掛けの魂』

ひょんな事からココノエの元を離れ、カグツチで迷子になったラムダ。
ココノエの指示がないと何もできないラムダはただジッと見た事のない景色の中、佇む。
ココノエラボの中とは違う世界。雲が流れ、風が吹き、草花が揺れる・・・
しかしそのどれもがラムダにとっては意味のないもの。 いや、ラムダはそのどれもの意味を知らされていなかった。 そんなラムダの前に現れる男――ラグナ。
「飯は… … 奢らねーぞ」

このページの上部へ